コミュニケーションを高める

人見知り改善-なぜ人見知りをしてしまうのか|基礎編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
circle

人見知り改善-なぜ人見知りをしてしまうのか|基礎編

恋愛から遠のく1つの要因として、コミュニケーション能力の低下が挙げられます

❶会話がうまく繋がらない
❷異性が苦手で会話が出来ない
❸彼氏、彼女が欲しい
そんな方に読んでもらいたい記事になります

※この記事は5分で読めます

会話が苦手が増えている

man

そもそも「草食系男子」という言葉が流行り始めた2008年ごろよりも前からコミュニケーション不足が問題視されてきていました

近年では若い世代の女性は「肉食系」が増加し
若い男性は「草食系」が増加しています

だから年の差が増えている

今の30代後半は比較的「肉食系」の男性が多いため20歳年の差のカップルが急増しています。

これは同世代の男性が「アピールしない」という理由もあるのではないでしょうか

なぜ会話が苦手に

ネット業界が人々の生活に欠かせなくなるにつれて「パソコンやスマホ」に依存する人が増加します

一人当たり1日3時間程度「スマホ」を触っていると言われていますが、昔はその3時間他人と「会話」を楽しんでいたのです

SNSで会話

会って直接会話するよりも「ライン」で会話した方が楽だし早いので電話よりも人気だと言われています

しかしこのような背景から会話不足が日常的に起き、直接的に人と会って関わるということをやめてしまい、恋愛から遠のいてしまったのだと私は思います

草食系男子から抜け出せ

拘束

恋愛経験が少ない男性が増えていますが、「経験は財産」です

恋愛経験が少ないから素敵という考えを持つ女性は少数派です

男性が求めているもの

男性は女性に対して「未経験」なほど「好意」を持つ方が多数派です

縦社会の考えを主としている男性は「独占欲」が強く誰よりも1番になりたいという心理が働くからと言われています

女性が求めているもの

逆に女性は「経験者」ほど「好意」を持つと言われています

女性は家庭、子ども、家族など守らないといけないという心理が働き、「安定、安心」を求めます
男性に求めているものはスマートな対応や臨機応変に対処できる心構えなど「急なトラブル」に対しての対応だったりします

また守るという心理も働くのですが、その一方でいつまでも女性として守って欲しい、異性として見られたいという気持ちもあります

デートやSEXも引っ張って欲しいと感じるのが自然です

草食系男子はこういうことをできないからと「女性」に委ねている人がいますが、そこになんら魅力は感じないのです

だから引っ張ってくれる年上の男性に10代20代の女性が惹かれてしまうのです

経験を積むべき

yome

いろんなやり方で恋愛経験を積むことは決して悪いことではなく、将来守るべき女性のために経験を積むことが大切です

会話が苦手だからと諦めるのではなく、会話力を身につけるために時間とお金をかけるのも大切なことです

私みたいにお金はかけれないけれど会話力を身につける方法としてネットナンパを活用したり

なにもやらないよりはやって見て経験を積むことを優先した結果現在12個下の彼女ができています

しかも周囲が羨むほどの可愛い清楚系女子です

私はイケメンでもお金があるわけではなく、「経験」を積んだからこそ手に入れた幸せです
※私32歳 彼女20歳

お付き合いした女性の殆どが年下で18歳から24歳までの方が私にとってベストの年代です

ロリコンと言われればそうかもしれませんが、若い女性の魅力には勝てないんですよね

まとめ

誰でも異性と出会える可能性は秘めています
会話力を身につけるためにお金を使って学ぶのか実践を踏まえた経験を積むのか自分にとって合っているやり方で試して見てください

恋愛苦手任せる人よりも
経験豊富な頼れる人になりましょう

脳科学テクニックで恋愛成就

よく耳にする恋愛テクニック情報は一昔前であれば通用していたものばかり。
恋愛は生き物であって一人ひとりの女性によっても対応り力が試される時代です。

会話上手がモテる時代ではなく
・会話が面白い

・話が上手い

・聞上手がモテるなど

そういう人がモテる時代は一昔前のお話です。

一方通行の会話で好きになる時代ではなく、聞上手の人がモテるわけではないのです。

脳科学的に検証された誘発、誘導させる能力が高い人がモテる時代です

詳しく見る

[2017.4/更新]恋活サイトランキング

出会い方.siteを購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

SNSで購読[ライン@]

line

SNSで購読[ツイッター]

twitter

コメント

コメントを残す

*