コミュニケーションを高める

好きな人とのLINEで気をつける2つの注意するポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
判断

異性とのLINEで気をつける2つの注意するポイント

●LINE交換したけどどう連絡したらいいかわからない
●相手の気持ちがわからない
●私の気持ちをさりげなく伝えたい

こんな方に読んで欲しいコンテンツになります
※この記事は10分で読めます

①返信されやすい内容ですか?

maill

相手とのLINEが続かなくて困ってしまう人は多いですよね。
返信がないから「嫌われた」「好意がない」と感じてしまうのは仕方ないと思います。

しかしただ「好意がない」から返信がないというわけではなく様々な理由がそこにはあるので見直してみましょう

返信しない理由

その心理は単純明快です

❶そもそも連絡を取らない

その人の性格によるのですが、やり取りがめんどくさいという人もいます。

このような人には対処はありません。粘り強くアプローチを繰り返すか、別の人にアプローチを切り替えるしか選択肢はありません。

❷重く考え過ぎて返信ができない

「好意」を持っている人からの連絡は一喜一憂で、返信も慎重になります。
もし両思いなのであれば、相手にとっても慎重にやり取りをしているはず

コミュニケーションの取り方がわからない人ほど、相手の見えない「やり取り」に慎重になって返信が遅れてしまうのです。

もし相手からの連絡がない場合早急な判断をするのではなく、何度も軽く連絡が取れる関係を築いていきましょう。

❸返信に困る内容になっている

これもよくあるのですが、「返信に困る」ような連絡をしていませんか?
●今日も可愛いね(毎回)
●ご飯に行こうよ(何度も連続で)
●愚痴やマイナス思考発言

など自分宛に来ても困る内容ではないかを意識して、連絡を取ってみましょう。

会話はどちらが終わらすべき?

ラインのやり取りで1番困るのが「どちらが終わらすべきか」ということになります。

稀に終わらせずに毎日やり取りする人はいますが、それは最初から「好意」を持ってくれている両思いだからであって通常は終わります。

内容によって終わらせるべき

話がつきそうになるまでやり取りするのではなく、「ちょうどいい」程度で終わらせること。

そうはいってもタイミングなんてわかりません。好きな相手なら尚更そのタイミングなんて分かるすべはないのはわかっています。

しかしそれでも意識して終わらせなければ恋に勝つことはできません

自然体がベスト

恋愛に駆け引きは必要ですが

やりすぎには要注意

非言語コミュニケーションを身につけて自然体に誘導と誘発を心がける必要があります。

次に繋がるような終わらせ方を身につけるには経験とセンスが必要で
常に相手との距離感を保ちながらこちら側を意識させることが大切です。

既読スルーになったら

既読スルーになったら・・・
恋に悩みはつきものです。

自分に「好意」を持っていたら既読スルーにはならない
やっぱり「好きではない」と被害妄想するのはやめましょう

友達とのやり取りでも既読スルーは日常茶飯事

まだ「友達」という間柄なだけで「好意」を持っていないとは限りません

今は「好意」を持っていなくても
タイミング次第で「変化」するものです

1ヶ月前までは友達でも
3ヶ月後には「恋人」になってる可能性だってあります

大切なのは「タイミング」がきた時に自分が視野に入れる距離感で居られるかどうか

結論を急ぎすぎて「後悔」するより
今を辛抱強く「程良い距離感」でいることを徹底してみましょう

②大切なのは距離感です

相手との人間関係ができていないうちにズカズカ行ける人は「自意識過剰」です
ほとんどの人は「自信がなく」躊躇してしまうもの

ズカズカ行ける人は本気の恋ではない場合もあります。

本気で好きな人の前では誰しも躊躇するものなのです。

自分はできないから諦めるのではなく、それが当たり前だと認識して行動しましょう

期間で距離感を図る

ある程度出会った期間というのも距離感を図る上で重要です

昨日会った人と
去年会った人とでは「信用度」は異なります。
もちろん「一目惚れ」など心の壁を解かれた場合は別物ですが、そのような人は悩まず先に進んでいます。

友達からの人は出会った時間が「タイミング」を知らせてくれるフィルターになることもあるので常にやり取りできる間柄にいましょう。

LINEの内容で距離感を図る

聞き上手が必ずモテる時代は終わり、今は誘導と誘発する方法を取り入れなければいけない時代になりました。

ただ聞き上手なのは「友達」として終わる場合が多く、心理学的に話を誘導して、恋をさせる能力があるに越したことはありません。

コミュニケーション能力を心理的に得る方法でも紹介した通り、大事なのはそのタイミングになった時に行動を起こせる能力です

LINEの内容が「特別な間柄」の内容が増え始めたらタイミングを待って行動すると意外と上手くいきます。

まとめ

恋は盲目とは言いますが、本気で恋をしていて、絶対人に譲りたくないのであれば、最善を尽くしましょう。
努力することは決して「無駄」ではなく
オシャレにしても、コミュニケーション能力にしてもお金を使って身につけるのも大切です。
ららぶ.siteでは全面的に恋愛をサポートします

恋を成就する確率を自身で上げていくため、自分に投資していきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脳科学テクニックで恋愛成就

よく耳にする恋愛テクニック情報は一昔前であれば通用していたものばかり。
恋愛は生き物であって一人ひとりの女性によっても対応り力が試される時代です。

会話上手がモテる時代ではなく
・会話が面白い

・話が上手い

・聞上手がモテるなど

そういう人がモテる時代は一昔前のお話です。

一方通行の会話で好きになる時代ではなく、聞上手の人がモテるわけではないのです。

脳科学的に検証された誘発、誘導させる能力が高い人がモテる時代です

詳しく見る

[2017.4/更新]恋活サイトランキング

出会い方.siteを購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

SNSで購読[ライン@]

line

SNSで購読[ツイッター]

twitter

コメントを残す

*