男性の考え方

彼氏ができない女の子の特徴|付き合えない6個の理由②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
判断

彼氏ができない女の子の特徴|付き合えない6個の理由②

男性が彼女にしたくない女の子の特徴をまとめていました
❶彼氏ができない
❷彼氏が欲しい
そんな人に読んでもらいたい記事です

>>>>>最初から見る<<<<<

方程式を知る

ナンパ

付き合う最も大切なポイントは
価値観」×「タイミング」×「数」
に比例します
男性にしても女性にしても
価値観が合って初めて「異性」として意識し始めます

しかしその時に「彼女」がいたり、仕事が忙しかったりとタイミングが合わないと付き合うことはできません

「タイミングを待つ」人もいれば「タイミングが合う」人にアプローチするかは様々ですが、「数」が絶対的に必要になるのは間違いありません

逆を言えば「価値観」×「タイミング」さえ合えば「堀北真希さん×山本耕史さん」のように交際0日で結婚する人もいるのです

タイミングが来た時にそばにいることができれば付き合えるのです

③ノリが良すぎる

kanozyo
・飲み会は朝帰り
・終電はお構いなし
・下ネタ好き
などノリが良すぎるというだけではなく、品格が損なわれる場合のみ「彼女」から遠のきます

彼女に対して「守りたい」「愛おしい」と感じる男性が多く、それに属さない女性は「友達」という認識が一般的です

多少の「恥じらい」や「ガードの固さ」を残しつつ「適当なノリ」が必要です

自信がない女性も要注意
自信がない人も「ノリ」次いで気をつけなければいけないポイントです

・おしゃれをしない
・ズボンばかりはく
・同性と仲良くできない

など交流を避ける人は「数」が他の人よりも著しく少ないので必然的に彼氏ができにくくなります

交流を広げすぎると「品」を失う恐れもあり
交流が少ないと「出会い」を失う恐れもある

交流を広げつつも品を保つ心構えが大切なのです

ポイント

清潔感を出して適度なガードで異性をつかむ

仲良しグループ1つに対して1人の異性にアプローチするようにし、玉砕された場合は「他のグループ」で恋人探しをしましょう

④出会える場がない

不安

彼氏を作る条件
価値観」×「タイミング」×「数」
ですが価値観もタイミングも一人では「対応」することはできません

自分一人でできることは「数」の絶対数をあげることです
⑴飲み会の場に積極的に参加する
⑵恋活をする
⑶ハードルを下げる
この3つの場で「数」を増やしていきましょう

合コンは苦手

いきなりワイワイするのが苦手で人見知りの人は
⑴飲み会の場に積極的に参加する
ことができないと思います

1対1でLINEからやり取りするのは得意でも「合コンの場は苦手」という女性は比較的多いです

でも彼氏がどうしても欲しいのであれば積極的に参加してみましょう

出会える確率を上げるために「絶対数」を増やすことが最も近道です

恋活サイトを利用する

いきなり会うのは怖いけど知り合いたいという人はfacebookの「pairs」を活用しましょう

私も利用していますが、恋活サイトを利用して会ってみると「共通の友人」がいたり「知り合いにバレる」という経験もある人もいると思います

facebookを利用することによって友達の友達まで「表示されない」ので知り合いだったということはありません
こっそり恋活したい人には「pairs」はオススメです

それ以外にもワクワクメールミクシィグループの出会い応援サイトの利用もオススメです

男性は有料、女性は無料
女性はすべての利用が無料なので、安心して利用することができます

ポイント

「素敵」という男性がいた場合「LINE」を教える程度で様子をみてください

LINEの場合

万が一関わりたくない男性だった場合「ブロック」できるので安心です
決して電話番号や住所は信頼できてからにしましょう

LINEブロックの方法
LINE>トーク画面>

右上をタップ
「ブロック」があるのでタップ
で完了です

そして最後の手段は「ハードルを下げる」方法です

出会える数は増やせないけど彼氏が欲しい人は周囲の人で「彼氏」を見つけましょう

・収入を諦める
・イケメンを諦める
・性格を諦める
など様々な条件があると思いますが、一つづつハードルを下げていけば必然的にストライクゾーンも広がるので確率は高まります
最後の選択肢として覚えておきましょう

>>>>>⑤ガードが堅すぎる<<<<<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

[2017.4/更新]恋活サイトランキング

出会い方.siteを購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

SNSで購読[ライン@]

line

SNSで購読[ツイッター]

twitter

コメント

コメントを残す

*