恋愛相談をする

マリッジブルーになった時の5つの対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
不安

マリッジブルーになった時の5つの対応

恋愛の最終地点とも言われる「結婚」

ららぶ.siteのスタッフも今年結婚する方が一人いますが、その彼女も「マリッジブルー」という

他人事ではないマリッジブルーに対する問題と対策についてまとめています
❶相手がマリッジブルーになった人
❷距離を置きたいと言われた人
❸これからプロポーズする人
こんな方に見てもらいたいコンテンツになります
※この記事は15分で読めます

※女性側がマリッジブルーになった場合のコンテンツ

マリッジブルーとは

不安

そもそもマリッジブルーって何?っていう人もいるかもしれないので簡単に説明します。

マリッジブルーとは、結婚を控えた人が間近に迫った結婚生活に突然不安や憂鬱を覚える、精神的な症状の総称である
マリッジブルーは漠然とした不安感であり、正確な定義は与えがたい。あえて概要を与えれば以下のようになる。
望んで行う結婚では当事者は喜びに満ち溢れるところだが、結婚に現実のものとして直面すると、結婚後の生活の変化や家庭を持つ責任への不安が突然に強く意識される。これがマリッジブルーである。マリッジブルーが昂じると、憂鬱から逃れるため最悪の場合婚約の破棄にいたることさえある。

参照:ウィキペディア

婚約が決まった後のマリッジブルーによるトラブルは男性側にも強烈な「不安」「危機感」を生み出します

この記事を読んでいる方にとっても「どうにか解決」したいと思う気持ちで見ていると思います。

必ず解決できるようにお手伝いさせてください。

 

幸せ絶頂にマリッジブルー

一般的な流れとして

⑴プロポーズを受ける

⑵両親に挨拶

⑶式場選び、準備

⑷結婚

結婚までには大きく分けて4つの工程を行わなければならないのですが

⑵両親に挨拶

⑶式場選び、準備

の期間が最も「マリッジブルー」になることが多いと言われています

その理由

マリッジブルーになる理由は様々ですが

一般的には

⑴「彼女」から「嫁」になる自信がない

⑵失敗は許されないという「暗示」

⑶相手との「温度差」を感じる

と言われています

言葉では簡単に言える「結婚」ですが、最初プロポーズを受けると「嬉しい」という感情が勝り、人生最高潮になります。

「結婚してほしい」と言われれば誰だって嬉しいし、結婚したい人に言われればなおさら高まります

しかしプロポーズの感動も1ヶ月も過ぎれば収まり逆に「不安」が押し寄せてくる言わば「反動」がマリッジブルーなのです。

早い人はプロポーズされて1ヶ月頃から出始めます。

3つの予兆と症状

不安

❶ガサツになってくる

彼女からの連絡が冷たくなったり、かまってくれなくなったりするのはマリッジブルーの「序章」です。電話の対応も「冷たく」感じる人も多いのではないでしょうか?

ここで絶対に否定や束縛をするのはやめましょう。しかし放っておくとさらなるアクシデントになる場合もあるの気をつけなければいけません

❷友達と遊ぶ機会が増える

普段よりも「外出する人」も増えます。友達とご飯に行ったり、カラオケに行ったり今まで週1程度だったのが週に2回も3回も増え始めるのは完全に「マリッジブルー」に陥っている可能性があります。

家にいると「不安」が増し、うつ状態に近い症状になりますので家に居たくない「一人でいたくない」と防衛心理が働き無意識に外で「リフレッシュ」したくなるのです。

ここも過度に否定するような発言をするのは控えましょう。

❸距離を置かれる

度を超えると突然「距離を置きたい」と言われるケースがあります。この状態はマリッジブルーでいう「末期症状」でここまでくると対応次第では「婚約破棄」になるケースもあるのですぐに対応するようにしましょう

 

実例:中村くん

ららぶ.siteスタッフの中村くん(29歳♂)は1年6ヶ月付き合っている彼女(22歳♀)に昨年12月にプロポーズをして今年の9月に籍を入れる話になっていました。

1月には中村くんの両親に挨拶をし、2月上旬には彼女の両親に挨拶をし順調に話が進んでいたのですが

2月下旬彼女に異変が。。。

ラインの反応が「冷たく」なり外出する「頻度」が増え始めたのです。

中村くんはその変化に「異変」を感じたのですがその行動が悪く「怒り」をぶつけてしまったのです

 

両方に余裕がなかったせいで数日に及ぶ「喧嘩」になりある日突然「結婚していいのかわからなくなった、距離を置かせて」と言われ電話をするにも反応なし「連絡しないで、会いたくもない」という返信が来てしまったのです。

 

ここで紹介しているマリッジブリーで言う「末期症状」です。

中村くんにも落ち度はあったもののマリッジブルーが原因で彼女が「拒否」した状態です

 

解決した方法

その後中村くんは「会いたくない」と言われた6時間後一つのラインを送り、翌日会うことに

送った内容

急にごめんね

「彼女」が不安になったり俺で大丈夫なのか不安になったりしているのだと思う

話していなかったけど

俺もプロポーズする3ヶ月前から同じように悩んだり不安になったりしていたんだよね

・幸せになれるのかな

・彼女を幸せにできるのかな

・家庭のイメージが持てない

・子どものイメージが持てない

本当にいろんな感情が重なっていたのだと思う

本当に辛くて情緒不安定で・・・

 

だから時期が違っても「彼女」が今抱えている漠然とした「不安」や「俺に対する不満」とかもあるのはわかっていたんだよ

 

なのにあんな態度とってごめんなさい

俺は3ヶ月悩んで12月にプロポーズしたんだけど最終的にプロポーズを後押ししてくれたのは「彼女」だったからなのです

 

彼女の笑顔や仕草

いつも俺を見て笑ってくれたり、つまらないギャグでも楽しんでくれたり、一緒にいてここまで癒してくれる人は「他にはいない」と確信したから

 

ただこれだけではないけれど言葉では言い表せれない

ただ1つ言えることは

2人でなら先を乗り越えていける。「彼女」とならどんなことが起きても大丈夫って思えたのが12月なのです

 

今の「彼女」にしたら俺は「不安」もない「安易」に考えているように見えるかもしれないけれど本当に考えて考えて出した答えが12月です

 

だから「彼女」が今感じていることは俺にもあったし少しは理解できると思う

 

最後のラインのやりとりで

「好きだけではやれないよ」

って連絡きた時に半年前の俺と同じだなって思った。

 

だから無理に答えを出さなくていいよ

本当にゆっくりでいいから「彼女」の不安なことや抱えている悩み本当にゆっくりでいいから一緒に抱えさせてね

ここで大事なのは彼女が感じている漠然な「不安」は自分も感じていたということを伝え安心させてあげることです
さらに、否定もせず想いを伝えることに一生懸命に対応したことが良かったのではないかなと思います

既読スルーになっていたが翌日家の前で待つという行動に
ここで大切なのは、「距離を置きたい」という一過性の気持ちに対して「優しく包んであげること」
中村くんの場合ラインで伝えた内容をもう一度話して最後「ハグ」をしたそうです。

そうすると一気に彼女から「涙」が溢れ出しその瞬間今までの「モヤモヤ」がなくなったそうです

 

嘘みたいに軽くなって今では前以上の関係に戻ることができたそうです

 

お互いに落ち度もなく「マリッジブルー」になって距離を置きたいと言われた場合はすぐに会うことが「適した解決策」なのだと思います。

ここで注意したいのが「突然」会うのではなく、ラインで「想い」を伝えて会うこと

彼女にとってそのラインがあったおかげである程度気持ちが「楽」になっているのでスムーズに会うことができたそうです。

やるべき5つの対応

①共感してあげる

男性にもマリッジブルーはあります。それはプロポーズする数ヶ月前

それを乗り越えて「プロポーズ」するのでプロポーズした後忘れたように不安や不満は消えます。

彼女はそんなことを知らず彼氏に対して「安易に考えている」と被害妄想に陥るので自分も「不安」があったこと素直に伝えましょう

②ハグをしてあげる

何も言わず包んであげることは最も効果的です。彼女としっかり話し合い最後「ハグ」をしてあげると気持ちが楽になる場合が多く、安心してくれます。

③否定をしない

気持ちの変化に否定せず、「癒す」言葉でサポートしてあげましょう。

④しっかり話す

定期的に結婚についての「不安」や「不満」を話す機会を積極的に作りましょう。

中村くんの場合「ハグ」をした後、新居探しをすることになったそう
昨日までは「不安」で新居探しの話すらしたくなかった彼女が一瞬で変わったのは「マリッジブルー」の典型的な症状です。

これで安心するとまた「陥る」可能性があるので定期的に「話す機会」を作って話し合うようにするそうです

⑤初心に戻る

結婚だけを意識するのではなく、今まで行ってきたデートスポットを再度周ったり、新たな旅行に行ったり思い出作りに力を入れていくのがオススメです

 

まとめ

すべてはこれに当てはまるわけではないですが、実際に経験した人にしかわからない「不安」や「危機感」は半端ないものです。

しっかり話し合い、会って解決することを心がけて行動していきましょう。

マリッジブルーに不安を感じている人は数多くいます。

もしこのコンテンツがマリッジブルーの解決策の一歩を踏み出せると感じていただけたらSNSでシェアしていただけると幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脳科学テクニックで恋愛成就

よく耳にする恋愛テクニック情報は一昔前であれば通用していたものばかり。
恋愛は生き物であって一人ひとりの女性によっても対応り力が試される時代です。

会話上手がモテる時代ではなく
・会話が面白い

・話が上手い

・聞上手がモテるなど

そういう人がモテる時代は一昔前のお話です。

一方通行の会話で好きになる時代ではなく、聞上手の人がモテるわけではないのです。

脳科学的に検証された誘発、誘導させる能力が高い人がモテる時代です

詳しく見る

[2017.4/更新]恋活サイトランキング

出会い方.siteを購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

SNSで購読[ライン@]

line

SNSで購読[ツイッター]

twitter

コメントを残す

*